English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 11 |  Items with full text/Total items : 88987/118697 (75%)
Visitors : 23573545      Online Users : 274
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    政大機構典藏 > 法學院 > 法律學系 > 學位論文 >  Item 140.119/124883
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/124883


    Title: 意外保險事故之舉證責任分配-以非故意要件為中心
    The allocation of burden of proof in accident insurance- focus on contingency
    Authors: 張恩瑀
    Chang, En-Yu
    Contributors: 姜世明
    張恩瑀
    Chang, En-Yu
    Keywords: 意外保險
    舉證責任分配
    非故意
    非自願性
    偶然性
    請求原因說
    抗辯事由說
    Date: 2019
    Issue Date: 2019-08-07 16:38:07 (UTC+8)
    Abstract:   意外傷害之「非故意(非自願性)」要件,其意涵為「傷害事故之發生非為被保險人故意所致」,其與保險法第29條第2項但書及同法第133條所規定之保險人免責事由,二者於概念上實為一體兩面而呈現對立之情況,此時即有規範理論盲點一端出現。此要件之舉證責任分配,究應由被保險人或其受益人對於事故「非被保險人故意所致」一事負擔舉證責任?抑或由保險人對於「故意(自殺或自殘)」負擔之?於我國實務與學說上尚未有統一見解。而在比較法方面,就非基於被保險人之意思(偶然性)所致之意外傷亡結果,日本法上亦有相同之舉證責任分配爭議,學說與實務主要有「請求原因說」與「抗辯事由說」之對立見解,為消彌該等問題,日本最高法院平成13年4月20日第二小法庭判決作出立於「請求原因說」之立場,亦即應由保險金請求人負擔偶然性(非故意)之舉證責任,表面上看似解決舉證責任分配之爭議,實則另衍生出舉證責任程度等相關問題尚待釐清。
      關此舉證責任分配爭議,本文認為應由保險人就被保險人「故意」一事負擔舉證責任,亦即採取「抗辯事由說」之見解,蓋消極事實之舉證實屬不易,且保險人之蒐證調查能力相較於保險金請求人為高,又「故意」乃是保險人之免責事由,應由保險人對此有利於己之事實負擔舉證。惟必要時得要求保險金請求人對於保險人於個案中所提出之合理懷疑為具體解釋說明,或可要求保險金請求人提出被保險人「無自殺或自殘」之資訊,用供保險人比對及查證,以為適度證據風險之調控。
    Reference: 一、中文文獻(按姓氏筆畫排序)
    (一)專書
    1.王甲乙、楊建華、鄭健才,民事訴訟法新論,三民書局,2010年6月。
    2.江朝國,保險法基礎理論,瑞興書局,1999年1月。
    3.江朝國,保險法逐條釋義:第四卷・人身保險,元照出版社,2015年9月。
    4.江朝國,保險法論文集(一),瑞興書局,1993年7月。
    5.汪信君、廖世昌,保險法理論與實務,元照出版社,2006年9月。
    6.林山田,刑法通論(上)增訂十版,台大法律學院圖書部,2008年1月。
    7.邱聯恭,民事訴訟法之研討(六),1999年。
    8.邱聯恭講述,許士宦整理,口述民事訴訟法講義(三),自版,2015年。
    9.姚瑞光,民事訴訟法論,自版,2012年1月。
    10.姜世明,民事訴訟法(上冊),修訂四版,新學林出版社,2015年8月。
    11.姜世明,民事訴訟法(下冊),修訂三版,新學林出版社,2015年2月。
    12.施文森,傷害保險:示範條款及判決例研析,自版,1992年1月。
    13.陳計男,民事訴訟法論(上),修訂六版,三民書局,2014年1月。
    14.陳榮宗,舉證責任分配與民事程序法(二),1979年
    15.陳榮宗、林慶苗,民事訴訟法(中),三民書局,2014年3月。
    16.駱永家,民事舉證責任論初版11刷,台灣商務印書館,2009年9月。
    (二)專書論文
    1.沈冠伶,論民事訴訟法修正條文中法官之闡明義務與當事人之事案解明義務,萬國法律第111期,2000年6月,頁40-54。
    2.沈冠伶,舉證責任與證據契約之基本問題,民事證據法與武器平等原則,元照出版社,2007年10月,頁57-72。
    3.姜世明,不當得利無法律上原因要件之舉證責任分配,新民事證據法論,新學林出版社,2009年11月,頁329-353。
    4.姜世明,民事訴訟中當事人之真實義務,舉證責任與真實義務,新學林出版社,2006年3月,頁475-571。
    5.姜世明,表見證明之研究,舉證責任與證明度,新學林出版社,2008年,頁305-399。
    6.姜世明,消極事實之舉證責任分配,舉證責任與證明度,新學林出版社,2008年10月,頁1-56。
    7.姜世明,訴訟上非負舉證責任一造當事人之事案解明義務,舉證責任與真實義務,2006年,頁103-183。
    8.姜世明,論經驗法則,證據評價論,新學林出版社,2014年2月,頁87-170。
    9.姜世明,舉證責任分配之一般原則,新民事證據法論,新學林出版社,2009年11月,頁181-198。
    10.姜世明,舉證責任減輕-民事訴訟法第二百七十七條但書之發展評估,新民事證據法論,新學林出版社,2009年,頁199-245。
    11.姜世明,舉證責任轉換與舉證必要移轉之概念釐清-簡評臺灣高等法院91年度上易字第138號民事判決,民事證據法實例研習(二)暨判決評釋,新學林出版社,2006年11月,頁159-164。
    12.姜世明,證明妨礙-民事訴訟法第282條之1之發展評估,新民事證據法論,新學林出版社,2009年11月,頁297-328。
    13.姜世明,證明度之研究,舉證責任與證明度,新學林出版社,2008年,頁117-235。
    14.許士宦,證明妨礙,證據蒐集與紛爭解決,新學林出版社,2014年12月,頁231-255。
    15.葉啟洲,傷害保險、精神疾病與主力近因原則-最高法院89年度台上字第2425號判決,保險法判決案例研析(一),元照出版社,2013年11月,頁170-180。
    (三)期刊論文
    1.王正偉,傷害保險意外傷害事故意義之探討,國立政治大學學報第76期,1998年5月,頁283-302。
    2.吳從周,遲誤準備程序期日、不預納訴訟費用與視為合意停止訴訟程序-一個民事訴訟法學方法論的基本介紹,台灣本土法學雜誌第107期,2008年6月,頁89-108。
    3.沈冠伶,武器平等原則於醫療訴訟之適用,月旦法學雜誌第127期,2005年12月,頁28-49。
    4.沈冠伶,論民事訴訟程序中當事人之不知陳述-兼評民事訴訟法中當事人之陳述義務與訴訟促進義務,政大法學評論第63期,2000年6月,頁373-400。
    5.林輝榮,論傷害保險之保險事故,臺灣大學法學論叢第4卷第1期,1974年10月,頁241-256。
    6.姜世明,不當得利舉證程序中之反駁證明-最高院98台上字第1169號民事判決,台灣本土法學雜誌第152期,2010年5月,頁184-185。
    7.姜世明,表見證明之研究,政大法學評論第104期,2008年8月,頁183-276。
    8.姜世明,意外保險事件中「意外」要件之舉證責任分配-評高等法院88年度保險上字第43號民事判決,月旦法學雜誌第147期,2007年8月,頁259-273。
    9.姜世明,意外保險事故之舉證責任分配-最高法院91年台上字第2187號民事判決評釋,臺灣本土法學雜誌第81期,2006年4月,頁286-290。
    10.姜世明,舉證責任轉換之種類,台灣法學雜誌第83期,2006年6月,頁121-128。
    11.許士宦,證明妨礙,月旦法學雜誌第76期,2001年9月,頁41-52。
    12.許玉秀,最高法院78年度台上字第393號判決的再檢討-前行為的保證人地位與客觀歸責,刑事法雜誌第35卷第4期,1991年8月,頁1-41。
    13.陳俊仁,意外原因與意外結果之思辨-傷害保險權利要件之商榷兼評最高法院98年台上字第2096號民事判決,月旦法學雜誌第185期,2010年10月,頁239-256。
    14.陳榮宗,舉證責任之分配(上),立法院院聞第11卷第2期,1983年2月,頁76。
    15.黃國昌,階段的舉證責任論-統合實體法政策下之裁判規範與訴訟法觀點下之行為規範,東海大學法學研究第22期,2005年6月,頁217-306。
    16.楊淑文,從特定類型之實務見解觀察舉證責任分配之判斷標準(上),臺灣法學雜誌第60期,2004年,頁49-63。
    17.葉啟洲,意外原因之舉證、證明度降低及表見證明-從台灣高等法院100年度保險上字第18號判決談起,保險專刊第29卷第1期,2013年,頁45-62。
    (四)學位論文
    1.吳靜怡,傷害保險契約相關問題探討-以「意外事故」之認定、舉證責任分配及複保險問題為中心,國立台北大學法學系碩士班碩士論文,指導教授:江朝國博士,2005年6月。
    2.呂綺珍,論民事證據法上之事實認定與證明責任,國立臺灣大學法律學研究所碩士論文,指導教授:駱永家博士,2004年。
    3.邱玉樺,表見證明之研究,國立政治大學法律學研究所碩士論文,指導教授:姜世明博士,2013年6月。
    4.盧彥宥,傷害保險契約相關法律問題之研究-以意外傷害之認定、因果關係之判斷及舉證責任之分配為中心,國立政治大學風險管理與保險研究所碩士論文,指導教授:葉啟洲博士,2016年5月。


    二、日文文獻(按姓氏筆畫排序)
    (一)專書
    1.三ヶ月章,民事訴訟法(第三版),弘文堂,1995年。
    2.大森忠夫,保険契約の法的構造,有斐閣,1952年12月。
    3.大森忠夫,保険契約法の研究,有斐閣,1969年。
    4.小林秀之,民事訴訟法が分かる,日本評論社,2003年。
    5.小林秀之,新証拠法第2版,弘文堂,2003年。
    6.山下友信,保険法,有斐閣,2005年。
    7.山下友信、竹濱修、洲崎博史、山本哲生著,保險法第3版補訂版,有斐閣,2015年3月。
    8.山下友信、米山高生編,保険法解説―生命保険・傷害疾病定額保険,有斐閣,2010年4月。
    9.中西正明,傷害保険契約の法理,有斐閣,1992年。
    10.中島弘道,挙証責任の研究,有斐閣,1949年。
    11.中野貞一郎,民事訴訟法講義第三版,有斐閣,1996年。
    12.中野貞一郎,過失の推認,弘文堂,1978年。
    13.太田勝造,裁判における証明論の基礎,弘文堂,1982年。
    14.石田満,保険契約の論理と現実,有斐閣,1995年7月。
    15.伊藤真,民事訴訟法,第四版補訂版,有斐閣,2014年7月
    16.江頭憲治郎,商取引法(第二版),弘文堂,1996年。
    17.西嶋梅治,保険法,悠々社,1991年。
    18.西嶋梅治,保険法,悠々社,1995年2月。
    19.岡田豊基,現代保険法,中央経済社,2010年9月。
    20.松本博之,証明責任の分配,信山社,1987年6月。
    21.松本博之、上野泰男,民事訴訟法第8版,弘文堂,2015年9月。
    22.高橋宏志,重点講義民事訴訟法,有斐閣,2000年新版。
    23.新井新司、金岡京子共訳,ドイツ保険契約法(2008年1月1日施行),日本損害保険協会,2008年9月。
    24.新堂幸司,新民事訴訟法第5版,弘文堂,2011年。
    25.萩本修,一問一答保険法,商事法務研究会,2009年5月。
    26.落合誠一,消費者契約法,有斐閣,2001年10月。
    27.遠藤功、文字浩,講說民事訴訟法初版,不磨書房,1998年。
    28.潘阿憲,保険法概説,中央経済社,2010年7月。
    (二)專書論文
    1.松本博之,保険金請求訴訟における証明責任と具体的事実陳述義務,倉沢康一郎・奥島孝康編,昭和商法学史:岩崎稜先生追悼論文集,日本評論社,1996年12月,頁669-698。
    2.松本博之,鈴木忠一,三ケ月章監修,証明責任の分配,新実務民事訴訟講座2,日本評論社,1981年8月。
    3.藤原弘道,一応の推定と証明責任の転換,新堂幸司編集代表講座民事訴訟⑤,弘文堂,1983年。
    (三)期刊論文
    1.土岐孝宏,傷害保険契約における偶然性の立証責任分配に関する将来展望―法制審議会保険法部会・保険法の見直しに関する中間試案を踏まえて―,損害保険研究69巻4号,2008年,頁21-48。
    2.小林俊明,災害死亡保険金請求訴訟における立証責任―不慮の事故による溺死か自殺か不明である場合,ジュリスト1090号,1996年6月,頁159-162。
    3.小林登,判批-不慮の事故の立証責任,保険事例研究会レポート176号,2003年1月,頁1-7。
    4.山下丈,傷害保険契約における傷害概念(一),民商法雑誌第75巻第5号,1977年,頁753-773。
    5.山下丈,傷害保険契約における傷害概念(二・完),民商法雑誌75巻6号,1977年,頁883-949。
    6.山下友信,災害死亡保険金請求訴訟における立証責任―被保険者の故意による死亡かどうかについての立証責任,ジュリスト1044号,1994年5月,頁132-135。
    7.山下友信,保険法と判例法理への影響,自由と正義60巻1号,2009年1月,頁25-35。
    8.山田康裕,保険法施行後、普通傷害保険契約の約款に基づき死亡保険金の支払いを請求する場合における偶然性の主張立証責任,共済と保険60巻3号,2018年3月,頁22-26。
    9.山野嘉朗,保険事故-偶然性,傷害保険の法理,損害保険事業総合研究所,1994年,頁101-105。
    10.山野嘉朗,傷害保険における偶然性の立証責任と最高裁判所ー問題点と今後の課題,生命保険論集137号,2001年,頁15-47。
    11.出口正義,保険法の若干の解釈問題に関する一考察,損保研究71巻3号,2009年11月,頁21-48。
    12.出口正義,偶然ないし不慮の事故であることについての立証責任,損害保険研究60巻4号,1999年2月,頁231-236。
    13.古瀨政敏,生保の傷害特約における保険事故概念をめぐる一考察-損保の傷害保険および英米のaccident insuranceとの対比において,保険学雑誌496号,1982年3月,頁106-135。
    14.古瀬村邦夫,生命保険契約における傷害特約,ジュリスト769号,1982年6月,頁134-145。
    15.甘利公人,傷害保険契約における偶然性の立証責任,判例評論518号,2002年4月,頁35-40。
    16.伊藤真,証明、証明度および証明責任,法学教室254号,2001年11月,頁33-42。
    17.吉田克己,疫学的因果関係論と法的因果関係論,ジュリスト440号,1969年12月,頁104-108。
    18.安井英俊,表見証明(一応の推定)論再考のための一試論 : 医療過誤訴訟の事例を中心に,福岡大学法学論叢第61巻4号,2017年3月,頁1317- 1342。
    19.江頭憲治郎,傷害保険契約における偶発性の要件と主張・立証責任,保険法判例百選,別冊ジュリスト202号,2010年12月,頁196-197。
    20.竹濵修,生命保険契約の災害割増特約に基づく災害保険金請求における偶発的事故の主張立証責任,私法判例リマークス第25号(下),2002年7月,頁106-109。
    21.竹濵修,保険事故免責招致の主観要件,保険学雑誌第547号,1994年12月,頁28-44。
    22.佐野誠,新保険法における傷害保険約款規定,生保論集第166号,2009年,頁1-27。
    23.志田原信三,生命保険契約に付加された災害割増特約についての約款に基づき災害死亡保険金の支払を請求する場合における偶発的な事故についての主張立証責任,法曹時報56巻3号,2004年3月,頁792-823。
    24.沢井裕,イタイイタイ病判決と鉱業法109条(5),法律時報44巻2号,1972年,頁75-91。
    25.町村泰貴,過失の一応の推定,民事訴訟法判例百選(第4版),別冊ジュリスト201号,2010年10月,頁128-129。
    26.松田武司,傷害保険の保険事故(二),産大法学43巻2号,2009年9月,頁20-65。
    27.芦原一郎,第三分野の保険,新しい保険法の理論と実務,別冊金融・商事判例,2008年10月,頁44-58。
    28.神谷高保,保険事故の偶発性の立証責任(二・完)―修正された法律要件分類説と保険契約法,民商法雑誌140巻2号,2009年5月,頁162-196。
    29.神原和彦,災害保障特約における契約関係者の保険事故招致による免責に関するー考察,保険学雑誌第494号,1981年9月,頁42-65。
    30.堀田佳文,生命保険契約に付加された災害割増特約約款に基づく災害死亡保険金請求訴訟における「偶発的な事故」の主張立証責任,東京大学判例研究会,法学協会雑誌119巻12号,2002年,頁2533-2547。
    31.笹本幸祐,人保険における自殺免責条項と証明責任(四:完),文研論集131号,2000年6月,頁109-163。
    32.船越隆司,実定法秩序と証明責任(36・完),判時1546号,1996年1月,頁148-155。
    33.榊素寛,判批保険金の支払事由を火災によって損害が生じたこととする火災保険契約の約款に基づき火災保険金の支払を請求する場合における火災発生の偶然性の主張立証責任,民商法雑誌132巻6号,2005年11月,頁913-933。
    34.榊素寛,傷害保険における偶然性の立証責任,商事法務1708号,2004年9月,頁41-45。
    35.萩原金美,民事証明覚え書き,民事訴訟法雑誌44号,1998年,頁1-34。
    36.福田弥夫,傷害保険契約における偶然性の立証責任,損害保険研究63号4巻,2002年2月,頁281-294。
    37.遠山聡,傷害保険契約および生命保険災害関係特約における偶然性の立証責任(一),白鴎法學第18号,2001年11月,頁47-94。
    38.横田尚昌,傷害保険金請求における事故の偶然性の証明,生保論集156号,2006年6月,頁159-193。
    39.潘阿憲,傷害事故の偶然性の立証責任と保険金請求権の帰属,賠償科学26号,2000年,頁121-143。
    40.潘阿憲,傷害保険および生命保険の災害関係特約における偶然性の立証責任―立法論的検討,文言論集124号,1998年,頁203-263。
    (四)研討會報告及其他
    1.山田康裕,傷害保険の偶然性―保険法施行後の立証責任と立証の程度,日本保険学会研究会,2018年6月。
    2.法制審議会保険法部会,保険法の見直しに関する中間試案,2007年。
    3.法務省民事局参事官室,保険法の見直しに関する中間試案の補足説明,2007年。
    4.洲崎博史,保険契約法の現代化,平成19年度日本保険大会資料レジュメ,2007年10月。
    5.傷害保険契約法研究会,傷害保険契約法試案(2003年版)理由書,2003年6月。
    6.損害保険法制研究会,損害保険契約法改正試案・傷害保険契約法(新設)試案理由書1995年確定版,損害保険事業総合研究所,1995年。
    Description: 碩士
    國立政治大學
    法律學系
    105651001
    Source URI: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G0105651001
    Data Type: thesis
    DOI: 10.6814/NCCU201900242
    Appears in Collections:[法律學系] 學位論文

    Files in This Item:

    File SizeFormat
    100101.pdf3377KbAdobe PDF0View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback