政大機構典藏-National Chengchi University Institutional Repository(NCCUR):Item 140.119/122916
English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 11 |  全文笔数/总笔数 : 88866/118573 (75%)
造访人次 : 23562879      在线人数 : 336
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
搜寻范围 查询小技巧:
  • 您可在西文检索词汇前后加上"双引号",以获取较精准的检索结果
  • 若欲以作者姓名搜寻,建议至进阶搜寻限定作者字段,可获得较完整数据
  • 进阶搜寻
    政大機構典藏 > 學術期刊 > 問題と研究 > 期刊論文 >  Item 140.119/122916


    请使用永久网址来引用或连结此文件: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/122916


    题名: 日米防衛協力の公式化と NPT 批准問題
    作者: 板山真弓
    贡献者: 問題と研究
    关键词: 日米関係;日米防衛協力;NPT;同盟
    日期: 2018-09
    上传时间: 2019-04-03 14:43:36 (UTC+8)
    摘要: 本論文では、近年深化が著しい日米防衛協力の源を探るべく、1978 年の「日米防衛協力のための指針」 策定をもたらした要因、その中 でも特に、日本側の要因について考察した。特に、新たに開示され た日米両国の一次史料により裏付ける形で、その背景として、既存 の研究では見逃されてきた NPT 批准問題を巡る自民党内政治が重要 な役割を果たしたのではないかとの議論を行った。すなわち、 NPT 批准は三木武夫政権の重要政策課題であったが、これに反対する勢 力が自民党内に存在していた(自民党右派 )。彼らは、批准に協力す る条件の一つとして、日米安保体制の充実を挙げたが、政権基盤の 弱い三木がそれに対応するための方策の一つが、従来、自衛隊と米 軍との間で秘密裏に実施されていた共同計画策定を公式化すること であり、これが、最終的 に「指針」策定へと結びついたのであった。
    關聯: 問題と研究, 47(3), 141-168
    数据类型: article
    DOI 連結: https://doi.org/10.30391/ISJ.201809_47(3).0005
    DOI: 10.30391/ISJ.201809_47(3).0005
    显示于类别:[問題と研究] 期刊論文

    文件中的档案:

    档案 描述 大小格式浏览次数
    198.pdf611KbAdobe PDF14检视/开启


    在政大典藏中所有的数据项都受到原著作权保护.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - 回馈