English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 11 |  Items with full text/Total items : 88613/118155 (75%)
Visitors : 23481398      Online Users : 247
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    政大機構典藏 > 學術期刊 > 問題と研究 > 期刊論文 >  Item 140.119/122915
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/122915


    Title: 習近平政権下の香港「一国二制度」
    Authors: 倉田徹
    Contributors: 問題と研究
    Keywords: 一国二制度;中港関係;民主化;香港独立;習近平
    Date: 2018-09
    Issue Date: 2019-04-03 14:40:23 (UTC+8)
    Abstract: 2012 年からの習近平政権は香港に対して「国家の安全」を重視す る政策をとった。しかし実際には、 2012 年の反国民教育運動、 2014 年の雨傘運動、そして 2016 年をピークとする香港独立運動が発生 し、「一国二制度」は 危機的状況となった。2016 年以降、中央政府は 強硬な手段で独立運動や民主化要求を鎮静化させた一方、 2017 年に は不人気の梁振英行政長官を交替させた。林鄭月娥新長官は一部で ソフト路線を採用し、民主派との関係改善や、 市民の支持の回復を 実現した一方、独立運動に対しては強硬姿勢を維持し、また国家プ ロジェクトの推進においては中央政府の計画に対する異論を許さな い姿勢を見せた。中央政府の香港への干渉は強まり 、「高度の自治」 は変容している。
    Relation: 問題と研究, 47(3), 113-140
    Data Type: article
    DOI 連結: https://doi.org/10.30391/ISJ.201809_47(3).0004
    DOI: 10.30391/ISJ.201809_47(3).0004
    Appears in Collections:[問題と研究] 期刊論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    197.pdf743KbAdobe PDF82View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback