English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 11 |  Items with full text/Total items : 88657/118248 (75%)
Visitors : 23504493      Online Users : 215
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    政大機構典藏 > 學術期刊 > 問題と研究 > 期刊論文 >  Item 140.119/122914
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/122914


    Title: 習政権二期目の中国の経済動向と政策-課題と方向性を探る
    Authors: 内藤二郎
    Contributors: 問題と研究
    Keywords: 安定成長;構造改革;権力集中の功罪;政府機能の再編
    Date: 2018-09
    Issue Date: 2019-04-03 14:38:39 (UTC+8)
    Abstract: 転換点に立 つ中国経済 において、 高度成長か ら安定成長 への転 換、供給側の改革を中心とした構造改革が重要かつ不可欠であると の認識が、改めて強調されている。 また、習政権が二期目に入り、 具体的成果が強く求められると同時に、極めて強い権力を掌握した だけに期待も大きい。他方で、権力の集中、党主導の政策運営は改 革を機動的に進められる反面、政策が硬直的になったり他の見解が 軽視されること、調整役が不在となって副作用が拡大するなどの懸 念もある。さらに極端な党主導と政府の拡大は、市場化の推進に逆 行する面も多い。二期目の習政権が直面しているのは、経済・社会 の安定を維持しながら構造改革を断行し、着実に政府機能の再編を 進めて市場を主体とした経済システムに転換していくという極めて 困難な課題への挑戦である。どこまで改革に切り込むことができる か、その対応と成果が大いに注目される。
    Relation: 問題と研究, 47(3), 75-112
    Data Type: article
    DOI 連結: https://doi.org/10.30391/ISJ.201809_47(3).0003
    DOI: 10.30391/ISJ.201809_47(3).0003
    Appears in Collections:[問題と研究] 期刊論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    196.pdf1167KbAdobe PDF71View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback