政大機構典藏-National Chengchi University Institutional Repository(NCCUR):Item 140.119/122913
English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 11 |  全文笔数/总笔数 : 88866/118573 (75%)
造访人次 : 23556477      在线人数 : 168
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
搜寻范围 查询小技巧:
  • 您可在西文检索词汇前后加上"双引号",以获取较精准的检索结果
  • 若欲以作者姓名搜寻,建议至进阶搜寻限定作者字段,可获得较完整数据
  • 进阶搜寻
    政大機構典藏 > 學術期刊 > 問題と研究 > 期刊論文 >  Item 140.119/122913


    请使用永久网址来引用或连结此文件: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/122913


    题名: 習近平時代の中国の社会治理および国家と社会の関係
    作者: 王信賢
    贡献者: 問題と研究
    关键词: 独裁的な政治形態;国家と社会の関係;社会治理;頂 層設計;情報通信技術
    日期: 2018-09
    上传时间: 2019-04-03 14:36:23 (UTC+8)
    摘要: 権威主義は近年、比較政治学の分野において重要な研究テーマと なっている。 その焦点は体制内部の権力分配だけではなく、政権に 対する社会からの圧力にも向けられている。中国が 40 年近くにわた って実施してきた改革開放は、急速な経済成長をもたらしただけで はなく 、国家と社会の関係にも変化をもたらした 。とりわけ、近年 、 社会的勢力が拡大するにつれ、市民の維権要求と国の維穏の間に大 きな矛盾が生じている。 本論は独裁的な政治形態および国家と社会 の関係の理論的観点を出発点とし、 習近平氏が権力を握る前後の社 会的勢力の台頭と党国の対応の変化を比較検討する。本論としては 習近平政権は国家強制力の運用を強化したと考える。特に情報通信 技術を掌握し社会のコントロールを強めた。これは共産党が推進す る「依法治国」および「 創新社会治理」と本質が異なる。 本論の終 わりには理論と政策意義を具えた結論を示す。
    關聯: 問題と研究, 47(3), 35-74
    数据类型: article
    DOI 連結: https://doi.org/10.30391/ISJ.201809_47(3).0002
    DOI: 10.30391/ISJ.201809_47(3).0002
    显示于类别:[問題と研究] 期刊論文

    文件中的档案:

    档案 描述 大小格式浏览次数
    195.pdf894KbAdobe PDF28检视/开启


    在政大典藏中所有的数据项都受到原著作权保护.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - 回馈