English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 11 |  Items with full text/Total items : 88987/118697 (75%)
Visitors : 23575087      Online Users : 234
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    政大機構典藏 > 學術期刊 > 問題と研究 > 期刊論文 >  Item 140.119/122889
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/122889


    Title: 米国の観点から見た日米安保体制―脅威認識の二層構造―
    Authors: 楊雯婷
    Contributors: 問題と研究
    Keywords: 日米同盟;米国の対日イメージ;パーセプション;「瓶 の蓋」論;米国の対日政策
    Date: 2017-03
    Issue Date: 2019-04-03 14:09:57 (UTC+8)
    Abstract: 本稿の目的は脅威の認識という概念を権力とアイデンティティ共 有( shared identity)という二つのアプローチから検討し、分析枠組 みは「脅威認識の二層構造」と名付ける。この「脅威認識の二層構 造」を使って 1952 年(日米安全保障条約の締結)から 1996 年(日 米同盟の再定義)まで米国の対日本安全保障政策での脅威認識、 及 び米国社会における対日イメージを対照して考察する。本稿は四つ の部分から構成される。 第一節では、分析枠組みの「脅威認識の二 層構造」を紹介する。第二節では、 戦後米国の対日安全保障政策を 考察する。また各時期における米国の政策決定者の国際環境や日本 に対する脅威認識について検討する。第三節では、米国における対 日イメージを振り返る。 米国社会では日本とアイデンティティを共 有するかどうかを検討する。第四節では、米国内社会の対日観や脅 威認識、政策決定者の脅威認識の相互関係を考察する。
    Relation: 問題と研究, 46(1), 125-182
    Data Type: article
    Appears in Collections:[問題と研究] 期刊論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    169.pdf938KbAdobe PDF7View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback